ファーストクラス搭乗記

スタアラメイン。ファーストクラスと言いながらビジネスクラスも載せてます。できるだけ写真いっぱい撮ります。どうせビジネス以上、ラウンジ利用をするなら全部楽しみたいという人の情報源になればと思って書いてます。

HND ANA Suite Lounge 本館側 110番ゲート付近 2017.3

羽田国際空港国際線ターミナルにはANA Suite Loungeが2つある。

今回は夜便の利用だったため、営業時間の長い本館側(110番ゲート付近)の記事である。

 

DIA会員ではないし(今はSFC)、F利用ではなかったのだが、HNDの夜便を使う機会は久しぶりなので、Suite入場券を入手して利用した。

昔DIAの友人と入ったことはあるが、DINING hのサービスは開始していなかったし、NRTのSuiteよりもショボかった記憶があるので、今回はDINING hを含め非常に期待していた。

 

 

 

【ラウンジ情報】

(ソース:NHサイト、2017年2月時点)

HND 国際線ターミナル 4F

5:00-25:00

入場資格:ANA含むスタアラFクラス搭乗者とその同伴者、スタアラ便利用のANAのDIAとその同伴者、ANA Suite Lounge入場券を持ったANA含むスタアラ便利用者

 

 

 

【外部写真】

f:id:anapan:20170402231137j:plain場所は出国後右に進んだ110番ゲート付近である。

 

f:id:anapan:20170402231208j:plain

f:id:anapan:20170402231235j:plainラウンジに続くエスカレーターは高揚感を高める。

 

f:id:anapan:20170402231639j:plain

エスカレーターを上ると、左にPLT、SFCやC、PYクラス利用者が使える所謂ビジネスクラスラウンジのANA Loungeがある。そして右にファーストクラスラウンジに当たるANA Suite Loungeがある。

ちなみに左側のANA Loungeは以下のリンクに詳細があるので是非参照、比較してほしい。時期は少し違うが大きく変化していない。

HND ANA Lounge 本館側 110番ゲート付近 2015.7 - ファーストクラス搭乗記

 

f:id:anapan:20170402231245j:plainいざ入場。

 

 

 

 

【内部写真】

f:id:anapan:20170402231231j:plain受付

 

f:id:anapan:20170402231244j:plain

大きく上と下の2部屋に分かれているイメージ。

上の部屋にはDINING hがあるので、1LDKである。

 

f:id:anapan:20170402231752j:plain入ってすぐのコンシェルジュカウンター

 

f:id:anapan:20170402231800j:plainコンシェルジュカウンターとなりにある雑誌、新聞類

 

f:id:anapan:20170402231849j:plain男子トイレ

 

f:id:anapan:20170402231944j:plain女子トイレ 

 

f:id:anapan:20170403224024j:plainf:id:anapan:20170403224032j:plain

男子トイレのトイレットペーパーの積み方

 

f:id:anapan:20170403224048j:plainf:id:anapan:20170403224045j:plain

トイレの中にはフィッティングルーム完備

 

f:id:anapan:20170403083706j:plain

f:id:anapan:20170403084115j:plain

ビジネスコーナー

 

f:id:anapan:20170403083913j:plain上側の部屋から入り口側を見た図

 

f:id:anapan:20170403083906j:plainf:id:anapan:20170403083748j:plainf:id:anapan:20170403084017j:plain上の部屋はこのように個室感が高い椅子が多い。

1人利用の時はここで出発まで静かにくつろぐことができる。

 

f:id:anapan:20170403083838j:plainf:id:anapan:20170403083902j:plainf:id:anapan:20170403084520j:plain一方で複数人での利用では解放感のある座席も窓際などに多く、飛行機や景色を眺めながら優雅に過ごすことができる。

 

 

 

f:id:anapan:20170403085259j:plain入り口から下側の部屋に向かう図

 

f:id:anapan:20170403085347j:plainf:id:anapan:20170403085351j:plain入ってすぐ左右にソファ席がある。ここも団体利用者が多い。

 

f:id:anapan:20170403085416j:plainさらに奥に進むとブッフェコーナーがあるのだが、その手前左側にあるエリア。

混まないと座る人はいなそう。

 

f:id:anapan:20170403085411j:plainそして右側にも食事がしやすいエリア。

先ほどのソファ席よりも食べ物をすぐに取りに行きやすい。

 

f:id:anapan:20170403092927j:plain下側の部屋からラウンジ中心部(入り口側)を見た図

 

 

 

 

 

 

 

 

【DINING h】 

f:id:anapan:20170403090059j:plainf:id:anapan:20170403090104j:plain開店の19:30に向けて19時くらいからセッティングが開始される。

 

f:id:anapan:20170403083739j:plain通常ダイニングの席はこのような状態。

12テーブルの24人席となるが、5人家族ならソファ側に3人座って利用などもできるので、厳密に24人までではない。

さらにDINING hの時間になると、以下のようにカラトリーやナプキンが準備される。

f:id:anapan:20170403090353j:plain

 

f:id:anapan:20170403090726j:plain

f:id:anapan:20170403090821j:plain

オーダーしたのはステーキとパフェというDINING hの「2大取り合い対象売り切れ必至メニュー」である。

ちなみに前菜はブッフェから選ぶ方式で、オーダーするのはメインとデザートのパフェだけである。

もちろん大食い乞食ならステーキを食べた後にほかのメインを頼むこともできる。

特にステーキは無くなりやすいので、わざわざラウンジ入場券を買ったなど確実に食べたい人は開店と同時に入ることをお勧めする(実際にあちこちから「ステーキで」という声が聞こえてくる)。またパフェも食後にと最初からオーダーできると安心だ。

 

 

 

 

 

【ラウンジ飯】

ラウンジにブッフェは2か所あり、上側の部屋のダイニングと下側の部屋の一番奥である。ブッフェに合わせてオーダー式のヌードルバーもある(麺以外もある)。

ブッフェ、バーの内容は両方同じなので、席に近い方を利用すればよい。

内容が異なるのは朝昼夕の時間帯であり、今回は夕食メニューだった。

 

f:id:anapan:20170403091858j:plainf:id:anapan:20170403091904j:plain

前菜やデザート類

 

f:id:anapan:20170403092024j:plainf:id:anapan:20170403092026j:plainf:id:anapan:20170403092033j:plainホットミール類。DINING hがなければメイン扱いである。

 

f:id:anapan:20170403092018j:plainf:id:anapan:20170403091907j:plainf:id:anapan:20170403091937j:plain主食のパン、おにぎり、ごはん

 

f:id:anapan:20170403092336j:plain味噌汁

 

f:id:anapan:20170403092347j:plain

ラウンジ定番チキンカレー

 

f:id:anapan:20170403092428j:plainf:id:anapan:20170403092437j:plainデザート(テプラが非常にカッコ悪い)

 

f:id:anapan:20170403092525j:plainf:id:anapan:20170403092506j:plainヌードルバー(麺以外もある)

 

f:id:anapan:20170403092607j:plainf:id:anapan:20170403092622j:plainf:id:anapan:20170403092707j:plainf:id:anapan:20170403092630j:plainドリンク類

 

 

 

f:id:anapan:20170403093231j:plainf:id:anapan:20170403093235j:plainf:id:anapan:20170403093236j:plainやはり通常のANA Loungeの「安くて腹が膨れる炭水化物ばかり食ってろ!」といった内容とは異なり、肉や野菜、フルーツがしっかりと置いてあり嬉しい。

今回はハンバーガーをメインにほぼデザート、フルーツを食べた。何しろDINING hが控えているので抑え目にする必要があった。

やはりフルーツがあると嬉しい。フルーツ命。

 

 

 

 

 

【シャワー】

f:id:anapan:20170403214415j:plainf:id:anapan:20170403214507j:plainf:id:anapan:20170403214509j:plainf:id:anapan:20170403214528j:plainf:id:anapan:20170403214529j:plainシャワーは4室ある

 

f:id:anapan:20170403214756j:plainf:id:anapan:20170403214857j:plain内装はメインスペースと同じく黒を基調としたシックなデザイン

 

f:id:anapan:20170403215035j:plain

シャワーは上から落とすか、手で持つタイプか選べる

 

f:id:anapan:20170403215030j:plain今のアメニティは資生堂

 

f:id:anapan:20170403215013j:plainしっかりと段差があり、水が漏れないようになっているのは日本だからこそ

 

 

 

 

 

 

【総評】

今回2回目のHND ANA Suite Lounge利用になったが、1回目よりも断然クオリティが上がっているように思えた。

特にDINING hの存在はラウンジクーポンをわざわざ6千円近くかけて買う理由に充分なる。

 

フルーツが置いてあり、パフェやブッフェデザートも完備していて甘党にはうれしい(個人的にはCXのFラウンジのようにケチらず沢山置いてほしい)。

またラウンジが静かで落ち着いて過ごすことができるのも嬉しい。

 

小さいながらも、ご飯や設備がしっかりと揃っているため満足度が高い。

これから羽田の拡張によって人が増えるとキャパオーバーが予想されるが、その際は114番ゲート側の長時間解放や、そもそも国内線を含めたターミナル変更が大規模に行われるはずだろう。

ただDINING hは混むと、クーポン利用者は後回しにされてステーキにありつけなくなるかもしれない(有償F利用者や常にDIAの人が優先して案内される可能性はある)。

 

このまま満足度の高いラウンジであり続けてほしい。

 

f:id:anapan:20170403224458j:plain

 

 

 

 

 

エアラインラウンジ一覧 - ファーストクラス搭乗記

 

 (写真:OLYNPUS PEN E-PL6, M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6, LUMIX G 20mm/F1.7 II ASPH)