ファーストクラス搭乗記

スタアラメイン。ファーストクラスと言いながらビジネスクラスも載せてます。できるだけ写真いっぱい撮ります。どうせビジネス以上、ラウンジ利用をするなら全部楽しみたいという人の情報源になればと思って書いてます。

片道分だけファーストクラスで特典航空券を発券する

「ファーストクラスに乗ってみたい!けどそんなお金あるはずないし、マイルだって10万以上溜まらない!だけどどうしても乗りたい!」という方は多いんじゃないかなと思います。

そういう方でもすこーしだけファーストクラスの世界に近づくきっかけになるかもしれません。ここではファーストクラスにとにかく少ないマイル数で乗る方法を記載しています。

 

ちなみに自分もこの方法で人生初ファーストクラスに乗りました。

anapan-airline.hatenablog.com

 

 

 

【簡単に書くと】

例えばファーストクラスのANA特典航空券を発券するのに必要なマイル数は単純往復で「シンガポール105000マイル、北米150000マイル、欧州165000マイル※」です。

※ローシーズン及びレギュラーシーズン

 

中距離のシンガポールでも10万マイル以上かかるので、ポイントサイトで乞食をしていない人で限り一般人には縁の無い数字です。

そこで片道をファーストクラス、片道をエコノミークラスで発券することで必要なマイル数を減らして片道だけでもファーストクラスを体験することができます。

 

日本-アジア2で片道をファーストにするとかかる最低マイル数は105000÷2=52500。

片道をエコノミーで取るとかかる最低マイル数は30000÷2=15000(ローシーズン)。

往復で52500+15000=67500マイル必要になります。

往復でファーストを取るよりも32500マイルも少なく取れます(もちろん片道はエコノミーになりますが)。

 

この方法で必要マイル数を減らしてファーストクラスに乗ることができます。

 

 

 

【詳細方法】

具体的な方法やその理由、実際にかかる数字を見ていきましょう。

 

前項で説明した通り、片道をファーストクラス、片道をエコノミークラスで発券することで必要マイル数を減らしつつファーストクラスを体験することができます。

ANAの場合、片道のみの発券はできません。ご利用条件には以下のように記載されています。

  1. 出発地と最終帰着地が異なる場合、同一国内であることが必要です。

 

  1. 往路到着地と復路出発地が異なる場合、同一エリア内であることが必要です。

ご利用条件│ANA国際線特典航空券│マイルを使う│ANAマイレージクラブ

 

つまり片道は発券できないし、エコノミーの区間を日本ー韓国のようにファーストの区間より短くしてさらに必要マイル数を減らすことはできませんということです。

そのためANA発券で一番必要マイル数を減らしてANAのファーストクラスに乗るのは前項に記載しているシンガポール67500マイルということです。

 

具体的な手順を見ていきましょう。

f:id:anapan:20161030085325j:plain

まずはANAのサイトに行き、「+検索条件を追加する」ボタンを押します。

 

f:id:anapan:20161030085335j:plain

「特典予約」ボタンが出てくるので、押します。

 

f:id:anapan:20161030085341j:plain

「往復」タブから「複数都市・クラス混在」タブに切り替えるために「複数都市・クラス混在」タブを押します。

すると画像のように出発日と出発地、到着地を選べるようになります。任意の日付と場所を選びましょう。ローシーズンで狙う時は下記リンクを確認してください。

概要│ANA国際線特典航空券│マイルを使う│ANAマイレージクラブ

 

f:id:anapan:20161030085344j:plain

選択肢が出てくるので、空席ありのフライトを選びます。片道をファースト、片道をエコノミーにしてページ下部にある次へボタンを押しましょう。

この画面は往路と復路で別々に出てきます。

 

f:id:anapan:20161030090244j:plain

ローシーズンの4月ですので、しっかり67500マイルになっていますね。この後のページで搭乗者の個人情報等を打ち込み予約完了です。

 

このように予約手続きをすんなり終わらせているように見えますが、実際に自分の望む旅程で行おうとすると、なぜかエラーが出てしまったり、必要マイル数が多くなっていたりします。

詳しく規約を理解して、特に乗り換え時間に注意すれば問題無く予約完了まで行くのですが、最初は多分難しいと思います。

 

またANAマイル発券で提携会社特典航空券を取る場合、国際線区間を単純往復にする方がかかるマイル数を減らすことができます。出発地を日本(ZONE1-A)にするためです。

概要│提携航空会社特典航空券│マイルを使う│ANAマイレージクラブ

 

 

 

【必要マイル数】

まずANA特典航空券の発券です。

出発地は全て日本です。

シンガポール(Lシーズン:67500マイル、Rシーズン70000マイル、Hシーズン76000マイル)

北米(Lシーズン:95000マイル、Rシーズン100000マイル、Hシーズン110000マイル)

欧州(Lシーズン:105000マイル、Rシーズン110000マイル、Hシーズン120000マイル)

 

次に提携会社特典航空券です。

出発地は日本Zone1-Bです。

アジア2:76000マイル

ハワイ:86000マイル

北米:110000マイル

欧州:120000マイル

アフリカ・中東:140000マイル

中南米:180000マイル

オセアニアミクロネシア:100000マイル

 

 

 

【応用編】

応用編と書いていますが、ここがこの記事のミソです。

何を応用するか、以下の記事の内容を応用します。

anapan-airline.hatenablog.com

 

まずここまでで書いてきたことは、片道をファースト、片道をエコノミーにすることで片道分のマイルをケチることでマイルがあんまり持っていない人でも、片道だけファーストクラスに乗ることができるということでした。

これにこの記事の方法を組み合わせることによって、往路もしくは復路片方で何度も何度も乗り換えて、単純な往復とほぼ同じマイル消費でも一度に沢山ファーストクラスを体験することができます。

 

例)CTSーTYOBKKLHRSINFRAーKIXCTS(赤線がFクラス)

 

例を見てください。

特典航空券の規則により、出発地(例ではCTS)から目的地(例ではFRA)まで一定の回数まで乗り換えすることができます(詳細は上記記事参照)。

国際線区間単純往復に必要なマイルに少し加算するだけで、制限回数までなら何度でも距離に関係なく乗り換えすることができます(もちろん日本に一度帰ることも可)。

つまり目的地から前か後ろどちらかのフライトをファーストクラス、もう片方をエコノミークラスにすることで、ファーストクラス分のマイルは半分しか出していなくても乗り換えを重ねることでファーストクラスを散々乗り倒すことができるのです(例では赤線のフライト)。

 

ちなみにSQの一部機材(A380A380-800、B777-300ER)の上位クラスとLXのFクラスは取ることはできないです。

自分はSQのA380のスイートクラスに有償で乗ったことがあります。良かったです。

anapan-airline.hatenablog.com

 

Fクラスを設定していないエアラインも結構あるので、SQとLXを除くとなると、候補となるのはNH,LH,UA,TG,CA,OZ,AIあたりでしょうか。

是非マイルをためて乗ってみてください。ファーストクラス、最高です。